2020.3.30小さい会社の「究極ブランディング」シリーズ 〜 採用の仕方編

仙台でブランディングと言えばKAKAZU企画
小さい会社の「究極ブランディング」シリーズ〜採用の仕方編


今日は
「小さい会社の求人はこれで決まり鉄板3ステップ」
ということで一気に3ステップ話していきたいと思います

先にこの3ステップを言ってしまうと

ステップ1は
社長自らが質の高い取材を受ける
ということですね

ステップ2
それを公式サイトに掲載する
その取材の内容を
ありのまま公式サイトに載せるということです

そしてステップ3で
ここでやっと有名な求人サイトで
求人をスタートします
予算に応じて影響力のあるような
求人サイトを使ってください

このステップ1、2、3の順番で

ちゃんとやる事がとっても重要です
この動画をちゃんと最後まで見ていただき
理解していただいて実践することによって

最短かつ低コストで
理想の人材を採用できるようになります

さらに

この3ステップきちんとやりますと
自社の独自性だったり強みだったりを
再確認、再発見することができるので

つまり「ブランディング」もできてしまうので

集客だったり、リピートだったり
価格競争に巻き込まれなくなるなど
ありとあらゆるメリットを
享受することができるようになります

メリットがすごく大きいです

なので
是非この動画を最後まで見ていただいて
実践していただきたいなと思います

それでは現状を含めて
この3ステップを一個一個説明してきます


<現状>
求人に関してなんですけども
小さい会社ほどあの行き当たりばったりだなって本当に感じます

indeedとかエンゲージとかリクナビとかマイナビとか
いっぱいあるんですけども
順番が間違っているというか
ああいうところに掲載したからといって

良い人材が採用できるかって言ったら
違うんですね

そこだけではダメなんです

その前にやることはありますよって
っていう話です
小さい会社ほど 

社長=会社 会社=社長
だと私は言っているんですが

社長の理念、哲学、強み
そういったものを本音で発信
できていますか?

ほとんどの会社ができていないのが現状です

採用ページはもちろんあるんですけど
それぞれに持ってるんですけども

当たり障りない社長のご挨拶と
または求人担当者のご挨拶と
あとは概要、表になっていて

賃金はいくらで
昇給は半年に一回あって
休みは何日でとか
その他福利厚生はこんな感じです

みたいな感じなんですけども
それでは足りないんですね

一番重要なのは
社長の想い
社長の夢
これからどこに向かっていくのか
この会社は何のために存在しているのか

あなたがこの会社に入ったら
こんな未来が待ってますよとか

そういったものが
本音で発信できているかどうか

すごく重要です

それが公式サイトに載っているかどうかが
とっても重要です

ただ
ここで問題なんです

弊社でも
ホームページ作成をするんですけども

当初は社長に「御社の会社の強みとか何ですか」とか

フォーマットがあって
書いてもらうような形式でしていたんですけど

長くやってる会社であればあるほど
いざとなると全く書けない、
明確に出てこないんです

長年の経営者として一生懸命
日々やっていく中で

小さい会社ほどそうなんですけども
あの忘れかけているというか
日々業務に追われ
忙殺されているうちに

自社の強みとか
何でお客さんは自社を選んで
仕事を依頼しているのか

あらためて考えることなく
ここまで来てしまって

自社が「何者」で
「誰のために」「何を」提供しているのか

明確に答えられなくなっているんです

絶対あるはずなんですけど
聞かれると「何だったっけ」みたいな
「強みとかそれが分かってたら困らないよね」

みたいな感じになってしまっているのです。


<ステップ1>
そこでステップ1

ステップ1としてやる事
スタートとしては
これが一番だと思うんですけど

「質の高い取材を受ける」

社長自らが社長のコアを浮き彫りにするような
取材を受けてほしいと思います

その取材を受けることによって
その会社の強みだったり、コアだったり
強烈な魅力が引き出されるんですね

その会社にしかない魅力を
引き出すことができます

ただ取材力が
すごくポイントになるので
ここは注意が必要です

1ステップ目は
質の高い取材を受けるということです
これでだいぶ加速します
スピード感も重要ですので

<ステップ2>
次に2ステップ目です
インタビューの専門家に
質の高い取材を受けたら

次はそれを見えるようにする。

社長の中だけで思ってては仕方ないので
それを
今回は求人の話なので
その会社をに入ろうかどうか迷っている
見込みの応募者にわかるように

公式サイトに
堂々とメインコンテンツとして掲載する
ということです

形式としては
その取材はインタビュー形式だと思うんですが

それをそのまま記事にして掲載する
というのをKAKAZU企画ではお奨めしています

単純にご挨拶という形だと読みにくいので
質問に答える形にすると読みやすいですし
伝わりやすいです

また今だと動画がいいかもしれないです

いずれにしても
それを掲載するリクルートページを充実させる
ということが超大事です

その取材の中から
引き出された言葉なんですけが

極力いじらない、
格好つけない、ありのままを掲載する
ということがポイントになります

今の若い人っていうか
今の世の中キレイ事ばかり並べても
みんなホームページから離脱しちゃいます

当たり障りない言葉なんか読んでも
つまらないじゃないですか
本音言ってるようには思えないですし

そういうのって
すごく薄っぺらい記事になってしまいます

読んでくれた
人の心にインパクトを与えて

この社長すごいこと言ってるな

すごく共感できるな

面白い社長だなって

思ってもらえるような記事
それを残すということが重要です

<ステップ3>
そして3ステップ目
次は発信です
じゃあ、それをどう発信していくか
これは逆に簡単なんですけど
従来通り、
予算をかけられるんであれば
リクナビ、マイナビに
100万以上払って掲載するのもいいですし、

予算が無ければ
無料掲載のインディードエンゲージでも
意外といけます

これは実証済みで
私のクライアントに聞いた
話なので信頼していただいていいんですが

そこは2018年くらいはですね

それこそマイナビに百何十万円かけて
掲載したんですよ

私は別にマイナビ、リクナビ
否定しないですよ
それなりにいい取材もしてくれますし

プロのカメラマンがいい写真をとってくれて

雛形の
ページにはなるんですけども
そのページでできることは最大限
してくれます

でも掲載期間は
たったの2ヶ月ちょっとです
百何十万円かけて・・・

雑誌の1ページ広告みたいな
感覚なんでしょうね
もったいないですね
せっかく取材受けても消えてしまうんです


しかも応募する人は
結局、最終的には、絶対に
公式サイトを見るので
公式サイトをきちんと作っていなければ
その大金を
ドブに捨てることになってしまいます

それやっては駄目ですって話です

公式サイトのリクルーティングのページが
きちんと充実したんであれば

リクナビやマイナビも使っていいです
無料のやつでも十分に人が集まります

その証拠に
そのクライアントなんですが

2018年はマイナビに百何十万円かけて
結果16人近くの若者から
問い合わせ、アクセスがあったそうです
ただですね結果は
なんと採用ゼロ、0人です

みんな途中で
音信不通になるそうです。
これは完全に会社がなめられている証拠です。

当然ですね公式サイトがスッカスカだったので

これは問題だということで
きちんとした取材をさせていただき

バッチリ公式サイトをリニューアルしたんです

じゃあ次は
インディード、エンゲージ
リクナビ、マイナビでもいいですけど

ホームページのお金かけたから今年度は
予算が無いってことだったんで

インディード、エンゲージで
いいんじゃないですかと言いました
ただ1、2万ぐらいでもいいから

ちょっと予算つけるといいですよって

アドバイスを私はしたんですね

なぜなら無料なので競合も多くて
求人を出す会社の量が膨大なので
どんどんどんどん最新の求人情報が
上に覆いかぶさってくるので
せっかく掲載してもスグに古い情報ってなっちゃって

下の方になって
発見されなくなっちゃうんですね
ですのちょっと予算つけておくと

定期的に上の方に来てくれるようになるんで・・・

にもかかわらずそこの会社は
無料掲載にしたんですよね

で、「その後どうですか」って

ホームページをリニューアルした後に聞いたら

「いっぱい来て困るよ」と社長。
「もう人では困っていない」と言うんです

いくらなんでも凄すぎるので、何か秘密があると思って
「すごいですね!もしかして時給高めに設定したんですか?」
って念のため確認したんです。

その時はのパートさんアルバイトを募集してたので

時給を高めに設定したのかな
と思って聞いたら時給は「最低賃金」だと

それなのに1ヶ月もしないうちに

数えきれないぐらい来たと。
やっぱりみんなのホームページを

ちゃんと見てから

雰囲気のいい会社だな
社長もちゃんとしてるな
この会社に行くと言って何か楽しそうだな
いいことがありそうだな、

みたいな感じで来るんですよね

アルバイト以外にも正社員も
そこのリクルートページの現役社員の
インタビュー記事を読んで
応募してきました

「この会社には自分が求めているものがある」

「自分の未来明るい未来が期待できる会社だ」

と感じて応募してきたそうです
ということで、
すごくいい社員を一人採用することが
できました。ピンポイントで。

大勢来なくていいんです

その記事に共感してくれた人だけ
来ればいいんです
それが何よりなんです 

賃金が高いから入ってきたりとか

休みが多いから入ってきたりとか

待遇がすごくいいから入ってくる人っていうのは

最悪の採用の仕方なのです

その人は他にもし
もっと楽な仕事で賃金がもらえる会社が
近くに現れたら
スグそこに行ってしまう、
去ってしまうんです。
最も簡単に。

そこを魅力を感じて来ているので

そこの会社の社長の魅力じゃなくて。

ですので、

社長の本音
ありのままの思いを発信することは
とっても重要だということなんですね

以上が

小さい会社でも
最短、低コストで理想の人材を採用できる鉄板

3ステップでした